保険見直しテクニック

生命保険に関して、死んでまでお金なんか欲しくないとか、どうせ残す人なんかいないという人がいます。
医療保険に関して、病気にならなければいいんだとか、病気になるかどうかわからないという人がいます。
これらの主張は決して間違いではありません。
死んでしまえば、本人はお金があろうとなかろうとわからないことです。
病気にならなければ医療保険の保険料は全く無駄になってしまいます。
ただ、こういう考え方をする人のほとんどが未婚の若者です。
結婚をすると人間は死んだ後のことが気になります。
自分が死んだ後、配偶者はどうするのだろうか?自分の葬式代ぐらいは残さないといけないなど思いは様々でも生命保険を必要だと感じてきます。
子供ができればなおさらです。

人生でなにがしか大きな変化があると保険に対する考え方が変わります。
自分以外のことでも、親の葬儀などを経験すると自分の葬儀のことも具体的に考えるようになるのです。
親がしっかり保険にはいっていて自分は何も負担しなかったら親のようにしようと思います。
親が何も残さずすべて自分が負担した場合には、これではいけないと思うでしょう。

これが医療保険や、損害保険の場合にはもっと事細かに心配事が出てきます。
今ある保険が、自分の心配事をどの程度カバーできているのかを確認する作業はとても大切なことです。
出来ることなら、少ない保険料で多くの心配事をカバーしたいのが人情というものです。
どのようにすれば合理的な保険見直しができるのでしょうか?


[PICK UP]
自分の心配事をカバーできる保険が見つかる保険の見直しサイトです ・・・ 保険の見直し